ファクタリングを理解するための10か条の教科書

今年残るお金がいくらなのか?5年後は?10年後は?という観点からファクタリングを見てみることが戦略的に考える「正しい考え方」なのだと思います。

例えば、火やナイフなど生活に便利なものは、利便性と引き換えに危険性も兼ね備えています。便利な道具を使いこなす「正しい考え方」が必要なのです。

「経営のあるべき姿に向かうことにしか興味はない」という経営者の視点で本サイトは構成されています。そのためだけに整理整頓された情報をぜひご確認ください。

続きを読む

売掛債権を資金化する4つのメリット

売掛債権とは取引先に販売した商品やサービスの代金を受け取る権利のことです。

これを早期に現金化しようというのが売掛債権を資金化(ファクタリング)です。

そのメリットについて4つの視点からお伝えします。

 

続きを読む

黒字倒産を防ぐためにコントロールすべき4つのリスク

黒字倒産とはどんな状態でしょうか。

そもそも倒産とは債務返済が出来ず、借入も出来ずに会社の経営が立ち行かなくなった状態のことです。黒字倒産とは、損益計算書上では黒字なのに、倒産してしまうことです。なぜこのようなことが起きるのでしょう。

続きを読む

ファクタリングにおける経営改善の7つの特効薬

経営改善というと何か窮境状態にある企業の再生のように聞こえますが、会社経営というのは経営改善の積み重ねであることは、言うまでもないことです。

このファクタリングという手法を使い、経営改善が出来る余地があるとすれば使わないという手はないのではないでしょうか。7つの角度から経営改善に効く、方法を考察してみたいと思います。

続きを読む

中小企業が手形を使わない3つの理由

決済方法は時代と共に変わっていきます。その昔、経済は物々交換が主流でした。時代は貨幣経済に代わり、価値交換の手段、決済の手段としての貨幣が出てきて、貨幣の信用が高まり、盗難などのリスクが高まると、今度は手形などの金融機関を媒介した決済方法が生まれました。これにより、経済は加速したと思われます。

現代はビジネスのスピードはIT化と共にさらに加速しています。従来のやり方をただITに置き換えて行うというのは果たしてイノベーションと呼べるのでしょうか。

続きを読む

ファクタリングと流動資産担保融資制度の3つの決定的な違い

ファクタリングと売掛債権を担保にした融資制度はしばしば比較されますが、これらは、売掛債権を活用する資金調達方法という点では似ていますが、その狙いやメリットは全く異なるものです。専門家と呼ばれる士業の人たちの中にも、本質がわかっている方は少ないかもしれません。

それはファクタリングという言葉の中に変な先入観を持っているからかもしれません。流動資産担保融資制度の中の売掛債権を利用した場合との比較を通じて、正しい理解を深めていただければと思います。

続きを読む

直接金融がもたらす3つの経営改善の可能性

資金調達と言えば、まず真っ先に思いつくのは銀行など金融機関からの借入ではないでしょうか。しかし、起業、開業の時にはオーナー個人の貯蓄に始まり、親類縁者のサポートや親からの借入など、個人的な融資や株式譲渡などで資金を集めたことと思います。このように資金を集めると言っても、自分で集める方法と銀行などの他者を通じて集める方法があります。

続きを読む

経営が変わる直接金融の3つの具体的な方法

財務戦略の一つのやり方として売り上げを固定して考えるというのがあります。売り上げが右肩上がりで増えていく、高度経済成長期のような事業計画はどの金融機関に持ち込んでも、良い評価を得るのは難しくなっています。財務戦略、とりわけ資金戦略の基本的な考え方は「売り上げはそのままでいい」場合を想定することです。直接金融で資金調達することによって経営は変わるのでしょうか?

続きを読む

4つの理由からお勧めするキャッシュフロー経営

「勘定合って銭足らず」という言葉がありますが、会社というのは儲かっていようがいまいが、支払うべきものが支払えなくなった時、つまりお金の流れが詰まったときに倒産という憂き目にあいます。そうならないように従来であれば、金融機関と良いお付き合いをしていれば、苦しい時に助けてくれるかというと、そんなに世の中は甘くないのも現実です。

不動産担保価値が低迷している今、新たな指標としてフリーキャッシュフローというのがあります。企業が設備投資や内部留保など戦略的に使えるお金がいくらあるかということです。

続きを読む