キャッシュフロー

ファクタリングが節税に効く7つの理由

節税という名目で無駄遣いとも思えるお金の使い方をする経営者の方がいらっしゃいます。一見無駄に見えてもそこに戦略があればよいのですが、他人からはわからないものです。

ここでいう節税とは、少しでも多くのお金を貯めていくために行う税金の賢い払い方というふうに定義させていただければと思います。

続きを読む

ファクタリングで財務体質を強化する7つのポイント

財務体質強化はなぜ必要なのでしょうか。

現代の事業環境の変化のスピードは以前とは比べ物になりません。事業モデルの陳腐化のスピードも速くなっています。加えて天災や風評被害など、思わぬところで事業継続の足を引っ張られることもあります。

BCP(事業継続計画)策定の観点からも危機に耐えうる財務体質が必要とされています。

続きを読む

流動資産担保融資制度を知る13のポイント

決算書上は黒字なのになぜかお金がない。中小企業の財務状況にはよくある話です。不動産以外にも売掛債権や棚卸資産は担保になります。売掛債権や棚卸資産は担保にして融資を受ける流動資産担保融資保証(ABL保証)についてみていきましょう。

続きを読む

債権買取の解消をすすめる専門家がわかっていない4つのポイント

そもそもあなたのビジネスの専門家はあなたしかいない。

いきなり核心めいた話になってしまいますが、専門家と呼ばれる人たちは「税金を計算して正しく申告をする専門家」や「法律にのっとって正しいかどうかを助言する専門家」だったりします。あなたのビジネスをあなた以上に情熱をもって理解して、成し遂げたいと思うあなたのビジネスの専門家はいないのです。

同様に、ファクタリングのことに詳しそうな人はいても、それはあなたの勝手な思い込みかもしれません。あなたの信頼する「お金の専門家」といわれる人たちにこの4つのポイントを確認してみると良いかもしれません。

続きを読む

金融機関と友好的にお付き合いするためのファクタリング活用法5つ

金融機関は敵か味方か?「晴れた日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」こんな風に揶揄される金融機関は、中小企業の社長にとっては敵なのでしょうか。テレビドラマでも冷徹な金融機関担当者が零細企業の社長を追い詰めてしまうということが描かれて、あまり好意的でない印象を持たれることもあるかもしれません。その一方で「銀行さんはウチの財務部長や」とおっしゃる方もいます。

金融機関も仕入れ先やお客様と同じで「利害関係者」です。礼節をもって正しい考え方で接していれば、力強い味方になってくれます。

続きを読む

税金とうまく付き合うための4つのファクタリング利用法

納税は企業が貯金(内部留保)していい権利を得るもの。そう表現した人がいます。合法的に企業に現金預金を貯めていくには、税金を支払い、その残りを貯金することになります。節税して、貯金しないというのは、本末転倒です。ファクタリングを利用して、上手に税金と付き合うにはどのような方法があるのでしょうか。

続きを読む

資金が足りなくなる3つの理由と売掛債権買取で解決できる3つの事

資金が足りないとどうなるのでしょうか。
銀行への返済が滞れば、銀行の信用を失います。
仕入先への支払いが滞れば、仕入れを止められてしまいます。
従業員への給与の支払いが滞れば、従業員は辞めてしまいます。
つまり、資金が足りなくなるとビジネスは出来なくなり、企業は倒産してしまいます。

続きを読む

ファクタリングにおいて押さえるべき3つの条件とその優先順位

ファクタリングを単なる資金調達の手段として捉えると非常にもったいない気がします。確かに借入ではないので元本返済も必要なく、手数料は経費化されて節税して資産構築しやすい面はありますが、それは単なる機能であって、それだけでは何も解決することはありません。

手法としてのファクタリングを使うための注意点をまとめています。

続きを読む

診療報酬債権の買取が経営をよくする12の理由

ファクタリングに取組むべきクリニックとそうでないクリニックがあります。例えば誰でも知っている全国展開している大手の医療法人は皆、ファクタリングを行っています。

一方で放漫経営をファクタリングによる資金調達で一時しのぎをして、そのあとに廃業してしまうクリニックもあります。

儲かっている医院とつぶれそうな医院の両方がファクタリングを使っているのです。結果は儲かっている医院はより資産を増やし、つぶれそうな医院はとどめを刺されてしまいます。

続きを読む