ファクタリングのリスク

診療報酬債権買取においてレセプト担当者が重要な4つの理由

病院やクリニックなどが利用するファクタリングは診療報酬債権買取ともよばれます。この診療報酬債権買取において重要な役目を果たすのが「レセプト担当者」です。ファクタリング会社はレセプト担当者とのやり取りをとても意識しています。リスクは意外なところにあるものです。

続きを読む

ファクタリングを利用する際の4つのリスク

ファクタリングを利用するうえでの本当のリスクは、その目的が明確かどうかです。ファクタリングによる売掛債権の譲渡の目的は、債権の早期の現金化です。これによる効果として、節税して貯金することを実現します。一時的なキャッシュ不足を補うことももちろんですが、本来のメリットは節税して貯金することにあります。

続きを読む

債権買取の解消をすすめる専門家がわかっていない4つのポイント

そもそもあなたのビジネスの専門家はあなたしかいない。

いきなり核心めいた話になってしまいますが、専門家と呼ばれる人たちは「税金を計算して正しく申告をする専門家」や「法律にのっとって正しいかどうかを助言する専門家」だったりします。あなたのビジネスをあなた以上に情熱をもって理解して、成し遂げたいと思うあなたのビジネスの専門家はいないのです。

同様に、ファクタリングのことに詳しそうな人はいても、それはあなたの勝手な思い込みかもしれません。あなたの信頼する「お金の専門家」といわれる人たちにこの4つのポイントを確認してみると良いかもしれません。

続きを読む

ファクタリング取り扱い会社(ファクター)の9のホンネ

ファクタリング会社にもいろいろありますが、多くはメガバンクや大手メーカーの出資によるファンドです。地銀や信用金庫、証券会社や民間のファンドなどもあります。怪しい業者を除けば、その本質は金融機関です。ファクタリング会社のホンネとはいったい何でしょうか。

続きを読む

ファクタリングにおいて押さえるべき3つの条件とその優先順位

ファクタリングを単なる資金調達の手段として捉えると非常にもったいない気がします。確かに借入ではないので元本返済も必要なく、手数料は経費化されて節税して資産構築しやすい面はありますが、それは単なる機能であって、それだけでは何も解決することはありません。

手法としてのファクタリングを使うための注意点をまとめています。

続きを読む

ファクタリング審査が滞る3つの理由と絶対NGな4つのこと

きちんとした業者はきちんとしています

ファクタリング会社にとって金融支援した会社が倒産してしまえば、悪評が立ちます。そうならないように、きちんとした会社であるほど条件審査と称して、経営内容や資金用途に関して、探ってきます。

そもそも、きちんとしたファクタリング会社はファクタリングの良さを知っている大手とだけ付き合えばよく、中小零細の企業と付き合いたいとは思っていません。

そのため、こっちはお客さんだという態度では、きちんとしたファクタリング会社は何も言わず立ち去ってしまいます。

続きを読む

事前に知っておくべき、ファクタリングの5つの種類

ファクタリングにも種類があります。中小企業がよく使うのは「買取ファクタリング」ですが、医療機関なら「医療ファクタリング」、輸出入業者なら「国際ファクタリング」とそれぞれに特徴があります。

これらをそれぞれ見ることで、ご自身の目的にファクタリングという方法が必要なのか、きちんと検討することが大切です。

例えば「資金調達」というファクタリングの機能の一部だけにフォーカスすると本来のメリットである「節税」や「資産構築」の部分が見えづらくなります。

ファクタリングが何かを知る上でも5つの形態を見てみましょう。
続きを読む

選ぶべきパートナーはどこか?ファクタリング業者選び5つのポイント

業者選びの前に考えることがあります。それは貴社が「ファクタリングを利用すべき会社なのか」ということです。この点を見誤ると、節税して貯金するどころかキャッシュアウトで経営が傾き、再生不能になってしまうことがあります。選ぶべきパートナーはどこか?その前にあなたがファクタリングを利用していいかどうかを見てみましょう。

続きを読む