診療報酬債権買取

診療報酬債権買取においてレセプト担当者が重要な4つの理由

病院やクリニックなどが利用するファクタリングは診療報酬債権買取ともよばれます。この診療報酬債権買取において重要な役目を果たすのが「レセプト担当者」です。ファクタリング会社はレセプト担当者とのやり取りをとても意識しています。リスクは意外なところにあるものです。

続きを読む

診療報酬債権の買取が経営をよくする12の理由

ファクタリングに取組むべきクリニックとそうでないクリニックがあります。例えば誰でも知っている全国展開している大手の医療法人は皆、ファクタリングを行っています。

一方で放漫経営をファクタリングによる資金調達で一時しのぎをして、そのあとに廃業してしまうクリニックもあります。

儲かっている医院とつぶれそうな医院の両方がファクタリングを使っているのです。結果は儲かっている医院はより資産を増やし、つぶれそうな医院はとどめを刺されてしまいます。

続きを読む

事前に知っておくべき、ファクタリングの5つの種類

ファクタリングにも種類があります。中小企業がよく使うのは「買取ファクタリング」ですが、医療機関なら「医療ファクタリング」、輸出入業者なら「国際ファクタリング」とそれぞれに特徴があります。

これらをそれぞれ見ることで、ご自身の目的にファクタリングという方法が必要なのか、きちんと検討することが大切です。

例えば「資金調達」というファクタリングの機能の一部だけにフォーカスすると本来のメリットである「節税」や「資産構築」の部分が見えづらくなります。

ファクタリングが何かを知る上でも5つの形態を見てみましょう。
続きを読む

ファクタリングを正しく理解する24のポイント

ファクタリングは借入ではありません。お金を調達するのだから借入ではないのかと勘違いされる方もいらっしゃいますが、この24のポイントを抑えていただければ、ファクタリングとは何かをご理解いただけるかと思います。

続きを読む

売掛債権による資金調達で変わる3つの未来

資金が必要になる理由は何でしょうか?

創業、開業当時であれば設備や不動産に関する費用などの開業資金。その後の資金需要となれば、改装費用や新規ビジネス参入、設備の維持費用などがあげられますが、それ以外にもランニングコストや運転資金などがあります。

大型の設備投資は別として、運転資金がおぼつかないと月々の経営者のほとんどの仕事は金策に走り回ることとなってしまいます。真面目に経営しているのに、業績連動のボーナスが払えない、単月は赤字だったり黒字だったり、年間通して黒字なのに税金払うために短期借り入れしたり・・・

そんな状態を脱却するには売り上げを伸ばすことより先にやることがあります。

続きを読む

4つの理由からお勧めするキャッシュフロー経営

「勘定合って銭足らず」という言葉がありますが、会社というのは儲かっていようがいまいが、支払うべきものが支払えなくなった時、つまりお金の流れが詰まったときに倒産という憂き目にあいます。そうならないように従来であれば、金融機関と良いお付き合いをしていれば、苦しい時に助けてくれるかというと、そんなに世の中は甘くないのも現実です。

不動産担保価値が低迷している今、新たな指標としてフリーキャッシュフローというのがあります。企業が設備投資や内部留保など戦略的に使えるお金がいくらあるかということです。

続きを読む

ファクタリングを理解するための10か条の教科書

今年残るお金がいくらなのか?5年後は?10年後は?という観点からファクタリングを見てみることが戦略的に考える「正しい考え方」なのだと思います。

例えば、火やナイフなど生活に便利なものは、利便性と引き換えに危険性も兼ね備えています。便利な道具を使いこなす「正しい考え方」が必要なのです。

「経営のあるべき姿に向かうことにしか興味はない」という経営者の視点で本サイトは構成されています。そのためだけに整理整頓された情報をぜひご確認ください。

続きを読む