節税

ファクタリングが節税に効く7つの理由

節税という名目で無駄遣いとも思えるお金の使い方をする経営者の方がいらっしゃいます。一見無駄に見えてもそこに戦略があればよいのですが、他人からはわからないものです。

ここでいう節税とは、少しでも多くのお金を貯めていくために行う税金の賢い払い方というふうに定義させていただければと思います。

続きを読む

債権買取の解消をすすめる専門家がわかっていない4つのポイント

そもそもあなたのビジネスの専門家はあなたしかいない。

いきなり核心めいた話になってしまいますが、専門家と呼ばれる人たちは「税金を計算して正しく申告をする専門家」や「法律にのっとって正しいかどうかを助言する専門家」だったりします。あなたのビジネスをあなた以上に情熱をもって理解して、成し遂げたいと思うあなたのビジネスの専門家はいないのです。

同様に、ファクタリングのことに詳しそうな人はいても、それはあなたの勝手な思い込みかもしれません。あなたの信頼する「お金の専門家」といわれる人たちにこの4つのポイントを確認してみると良いかもしれません。

続きを読む

金融機関と友好的にお付き合いするためのファクタリング活用法5つ

金融機関は敵か味方か?「晴れた日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」こんな風に揶揄される金融機関は、中小企業の社長にとっては敵なのでしょうか。テレビドラマでも冷徹な金融機関担当者が零細企業の社長を追い詰めてしまうということが描かれて、あまり好意的でない印象を持たれることもあるかもしれません。その一方で「銀行さんはウチの財務部長や」とおっしゃる方もいます。

金融機関も仕入れ先やお客様と同じで「利害関係者」です。礼節をもって正しい考え方で接していれば、力強い味方になってくれます。

続きを読む

税金とうまく付き合うための4つのファクタリング利用法

納税は企業が貯金(内部留保)していい権利を得るもの。そう表現した人がいます。合法的に企業に現金預金を貯めていくには、税金を支払い、その残りを貯金することになります。節税して、貯金しないというのは、本末転倒です。ファクタリングを利用して、上手に税金と付き合うにはどのような方法があるのでしょうか。

続きを読む

資金が足りなくなる3つの理由と売掛債権買取で解決できる3つの事

資金が足りないとどうなるのでしょうか。
銀行への返済が滞れば、銀行の信用を失います。
仕入先への支払いが滞れば、仕入れを止められてしまいます。
従業員への給与の支払いが滞れば、従業員は辞めてしまいます。
つまり、資金が足りなくなるとビジネスは出来なくなり、企業は倒産してしまいます。

続きを読む

診療報酬債権の買取が経営をよくする12の理由

ファクタリングに取組むべきクリニックとそうでないクリニックがあります。例えば誰でも知っている全国展開している大手の医療法人は皆、ファクタリングを行っています。

一方で放漫経営をファクタリングによる資金調達で一時しのぎをして、そのあとに廃業してしまうクリニックもあります。

儲かっている医院とつぶれそうな医院の両方がファクタリングを使っているのです。結果は儲かっている医院はより資産を増やし、つぶれそうな医院はとどめを刺されてしまいます。

続きを読む

ファクタリングを正しく理解する24のポイント

ファクタリングは借入ではありません。お金を調達するのだから借入ではないのかと勘違いされる方もいらっしゃいますが、この24のポイントを抑えていただければ、ファクタリングとは何かをご理解いただけるかと思います。

続きを読む

売掛債権による資金調達で変わる3つの未来

資金が必要になる理由は何でしょうか?

創業、開業当時であれば設備や不動産に関する費用などの開業資金。その後の資金需要となれば、改装費用や新規ビジネス参入、設備の維持費用などがあげられますが、それ以外にもランニングコストや運転資金などがあります。

大型の設備投資は別として、運転資金がおぼつかないと月々の経営者のほとんどの仕事は金策に走り回ることとなってしまいます。真面目に経営しているのに、業績連動のボーナスが払えない、単月は赤字だったり黒字だったり、年間通して黒字なのに税金払うために短期借り入れしたり・・・

そんな状態を脱却するには売り上げを伸ばすことより先にやることがあります。

続きを読む

4つの理由からお勧めするキャッシュフロー経営

「勘定合って銭足らず」という言葉がありますが、会社というのは儲かっていようがいまいが、支払うべきものが支払えなくなった時、つまりお金の流れが詰まったときに倒産という憂き目にあいます。そうならないように従来であれば、金融機関と良いお付き合いをしていれば、苦しい時に助けてくれるかというと、そんなに世の中は甘くないのも現実です。

不動産担保価値が低迷している今、新たな指標としてフリーキャッシュフローというのがあります。企業が設備投資や内部留保など戦略的に使えるお金がいくらあるかということです。

続きを読む

直接金融がもたらす3つの経営改善の可能性

資金調達と言えば、まず真っ先に思いつくのは銀行など金融機関からの借入ではないでしょうか。しかし、起業、開業の時にはオーナー個人の貯蓄に始まり、親類縁者のサポートや親からの借入など、個人的な融資や株式譲渡などで資金を集めたことと思います。このように資金を集めると言っても、自分で集める方法と銀行などの他者を通じて集める方法があります。

続きを読む