経営が変わる直接金融の3つの具体的な方法

財務戦略の一つのやり方として売り上げを固定して考えるというのがあります。売り上げが右肩上がりで増えていく、高度経済成長期のような事業計画はどの金融機関に持ち込んでも、良い評価を得るのは難しくなっています。財務戦略、とりわけ資金戦略の基本的な考え方は「売り上げはそのままでいい」場合を想定することです。直接金融で資金調達することによって経営は変わるのでしょうか?

直接金融と間接金融

株式や債券は証券会社を通じて、投資家に証券や債権を販売し、証券会社は投資家から受け取った代金を、証券を発行した企業に支払います。また、売掛債権などの場合は、売り上げた商品やサービスの代金を受け取る権利を債権化して、その債権を買い取った金額を企業に前渡しします。

このように株式にしても債権にしてもこれらを発行した企業を投資家自身が選び、購入した資金がこれらの企業に流れているので「直接金融」というのです。

それに対して、「間接金融」とは銀行などの金融機関が預金者から預けられた資金を、金融機関の判断により企業へ貸し付けて資金を融通することをさします。いわゆる銀行など金融機関による融資を受けることです。

 

 

直接金融がもたらす3つの経営改善の可能性その1 デッドファイナンス

urban-205986_640

デッドファイナンスとは、借入金や社債のように元本の返済義務があり、金利を負担する性格の他人資本での資金調達です。少人数私募債や流動資産担保融資制度による担保融資、知的所有権担保融資などがあります。

 

ここでの大きな経営改善の方法というのは難しいのですが、担保としての売掛金や在庫などの価値を認めてもらうことで、不動産に頼らない融資の方法として中小企業においての資金需要に応えていると言えます。

 

直接金融がもたらす3つの経営改善の可能性その2 エクイティファイナンス

coins-currency-investment-insurance-128867

エクイティファイナンスとは、増資による資金調達です。私募増資、第三者割当増資、新株予約権付社債、エンジェル公募、従業員持株制度などがあります。

 

ここでの経営改善効果とは会社の未来に投資してくれる仲間が増えるということです。しっかりと利益を出して還元することで報いますが、事業継続性や事業承継の意味でも経営への良いインパクトになります。

 

直接金融がもたらす3つの経営改善の可能性その3 アセットファイナンス

creative-725811_640

アセットファイナンスとはオフバランス・ファイナンスとも言われ、ファクタリングに代表される資産売却や債権の流動化あるいは証券化によって資金を調達する方法です。

 

企業のバランスシートの「資産」項目を早期に資金化して圧縮する方法で、主にファクタリングを利用した売掛債権買取が利用されています。

 

債権の流動化でのオフバランス化のメリットは大きく、中小企業やクリニックなどの財務体質を強めることになります。

 

その具体的な方法としては下記があります。

  • 売掛債権の圧縮
  • 在庫の処分・圧縮
  • 有価証券・固定資産の売却
  • 差入保証金などの見直しや削減
  • 保険積立金の見直し

この中では売掛債権買取してもらうことでの圧縮効果が大きいと言えます。

 

なぜ直接金融で経営が変わるのか?

photo-effect-359981_640

現在の中小企業のほとんどは間接金融である銀行融資に頼る経営になってしまっています。これは水道の蛇口をひねるように、銀行の意向で融資をコントロールされてしまうという非常につらい状況です。

 

直接金融とはこのような状況に自らの力で資金を集めて、節税して純資産を厚くしていくということです。

 

目指すのは景気に左右されにくい強い経営であり、万が一のクライシスに備えたダム経営ということになります。その目的に向かう上で、直接金融、とりわけファクタリングによる売掛債権の買取を利用することは、経営改善の優先事項ということが言えます。

 

まとめ

desk-pens-school-design

現代は事業環境の変化が目まぐるしく、また人的リソースの確保も難しくなってきています。その環境下で銀行などによる間接金融に偏った資金調達だけでは、生き残ることは難しくなります。

 

直接金融による資金調達を増やすことで、そのための条件である事業の魅力や将来性、人のチカラ、事業の継続性などが強化されていきます。

 

銀行というダムからの水源にだけ頼っていては、水門を閉められたときに即死します。自らの水源を確保することは、親方日の丸一辺倒の経営からの自立と言えるのではないでしょうか。

 

このような自立型の経営を従業員全員で一丸となって行っていく事が強い経営に継がるとしたら、直接金融についてよく知り、ファクタリングなどの手法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.