ファクタリングにおける経営改善の7つの特効薬

経営改善というと何か窮境状態にある企業の再生のように聞こえますが、会社経営というのは経営改善の積み重ねであることは、言うまでもないことです。

このファクタリングという手法を使い、経営改善が出来る余地があるとすれば使わないという手はないのではないでしょうか。7つの角度から経営改善に効く、方法を考察してみたいと思います。

ファクタリングにおける経営改善1 入金のタイミングが早まる

black-1354832_640

ファクタリングを利用した債権買取により、前払いで手元資金が手に入るようになります。これにより、キャッシュの流れが円滑になり、運転資金の確保が少なくて済むようになります。

 

ファクタリングにおける経営改善2 早い支払で仕入金額を下げる

person-apple-laptop-notebook

仕入や購入しているサービスというのは支払い方法で、安くすることが出来ないでしょうか。前払い、一括、年払い、半年払い、など、支払い方法を変えることで、安い支払いかた出来るものもあります。家賃や通信費などだけでも規模によっては大きなメリットになります。

 

ファクタリングにおける経営改善3 再投資のタイミングが早まる

arrow-signs-on-road

手元に現金があるということは、ビジネスが加速する局面でさらなる投資が素早く判断できるということです。キャッシュフローを重視してれば、素早い投資がそれ以上の素早いリターンを生む局面に出会うはずです。

 

ファクタリングにおける経営改善4 銀行借り入れを減らせる

pexels-photo-27406

売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、資金が出来たら銀行などの金融機関からの借入を返済することをおすすめします。ファクタリングは借入ではありませんので、負債が減り会計上の財務状況もよくなります。

 

ファクタリングにおける経営改善5 税金のコントロールが可能になる

銀行などの金融機関への返済を減らすということは、税金をコントロールするということです。借入金の元本返済は純利益から返済されます。純利益を残すためには税金を先に払う必要があります。税金を払って、借入金の元本以上の純利益を残すには、返済額のおおよそ倍以上の利益を確保しなければなりません。

つまり、借入金の元本返済が多ければ多いほどコントロールできる(節税できる)税金は少なくなるということです。

ファクタリングによる資金調達だけで、借入金の元本返済がなければ、無借金のときと同じく税金のコントロールが可能になります。

03sab

 

ファクタリングにおける経営改善6 無駄遣いが減る

business-money-pink-coins

ファクタリングによる売掛債権の資金化の目的はキャッシュフロー重視の経営です。つまり、節税という名のもとに行われていた無駄遣いを減らし、毎期毎期資産を積み重ねる経営に舵を切るということです。意識が変わり、節税という名の無駄遣いが出来なくなります。

 

ファクタリングにおける経営改善7 残すお金が増え事業継続性が高まる

financial-equalization-1015305_640

大きな事故や災害はいつでもどこかで起きています。未曾有の大きな災害の時には思わぬところで思わぬ影響が出ます。
多くの仕入れ先に支えられている製造業などはまさにその典型かもしれません。時にはいつもの2倍の値段で材料を仕入れなければならない状況だってありえます。

地域ビジネスも同じです。大きな災害の後は商売になりません。無償での提供が当たり前になってしまう現実もあります。 このようなクライシスと言われる状況に対して、我々が準備できることは何でしょうか。その時に備えて、会社が存続できるように資金を蓄えておくことしかありません。社会が復興するためには仕事が必要です。会社が無くなったら、従業員の生活は守れません。

 

ファクタリングを利用する目的はきちんと資金を積み上げる経営をするということです。

 

売上はそのままでいい

business-163870_640

事業を継続していく上で、いつも右肩上がりで成長していければいうことはありません。しかし、現在の国内の状況はそのような状況を許してくれる職種はそう多くないのが現状です。その中でも利益を上げ、内部留保を厚くするためにはどうするかを考えねば、今の状況は変わりません。

 

ファクタリングによる経営改善の良いところは「売り上げはそのままでいい」というところです。

 

まとめ

desk-pens-school-design

ファクタリングを使った売掛債権買取による資金調達方法は、たくさんある経営改善手法の中でも、優先順位を高くして取り組むことです。

 

本業が黒字、または単月黒字だが税金を払うと鍛冶になる企業は、即検討すべきです。

本業で赤字の企業であっても、まずはコスト削減、そしてビジネスモデルの再構築が急務ですが、そこを脱して単月黒字になったら、すぐにファクタリングを検討すべきです。

 

一部、ファクタリングが銀行も振り向かない真っ赤っかの企業の最後の資金調達法というような記述を見かけますが、それは本来の使い方ではありません。一時しのぎです。決してお勧めは致しません。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.