税金とうまく付き合うための4つのファクタリング利用法

納税は企業が貯金(内部留保)していい権利を得るもの。そう表現した人がいます。合法的に企業に現金預金を貯めていくには、税金を支払い、その残りを貯金することになります。節税して、貯金しないというのは、本末転倒です。ファクタリングを利用して、上手に税金と付き合うにはどのような方法があるのでしょうか。

間違った節税が会社を腐敗させる

connect-20333_640

節税の基本的な考え方は「課税所得を小さくすること」です。そのためには、収益を減らすか、経費を増やします。

 

ここに矛盾が生じます。企業は収益を増やすために活動を行うわけですから、まずは増えた収益に対する経費の計上漏れを無くすということになります。さらに行うには、収益を減らすか経費を増やすことが必要になります。

 

本来上がっている売り上げを控除することは脱税行為になります。しかし、合法的に当期の収益を分割して、翌期以降に繰り延べる方法もあります。

 

経費をより多くするためには下記の方法があります。

・購入した固定資産を特別償却で減価償却費を増やす。

・決算時にすでに確定している債務を未払い費用で計上する。

・経費に計上でき、売り上げに貢献する設備投資を行う。

・経費に計上できる修繕をまめに行う。

・不良資産を処分して、損失を計上し会社のキャッシュを増やす。

・経営者とその親族の給与を増やし経費を増やして、個人のキャッシュを増やす。

 

これらの方法が一般的ですが、大切なのは必要な内部留保を行う前提で、この節税を行っているかということです。

 

企業は、いい時ばかりではありません。予期せぬ事業環境の変化や、地震や災害などにより、多額の出費を余儀なくされることがあります。保険などはもちろんの事、従業員や会社を守るためには内部留保を蓄えて、備えておかなければなりません。

 

経費に計上できても売り上げに貢献しないものに大事な収益を浪費してしまうのは、ばかげているとしか思えません。無駄なものを経費で購入している会社は腐敗していきます。

利用法1 事業計画から考える

writing-notes-idea-conference

年度の計画を作成する際に利益の計画を立てると思います。この時に税金をいくら収めるのか、内部留保をいくら確保するのかという話になると思います。思いのほか利益が出たときにどうするのかというのが、節税のスタートになると思います。ファクタリングでは手数料を経費計上することによって、利益を減らしキャッシュを増やします。

 

利用法2 税金で払うのか経費で払うのか

numbers-money-calculating-calculation

ファクタリングでは手数料などの経費によるキャッシュアウトが経営に悪影響を及ぼすのではという方もいらっしゃいますが、実際は税金で払うのか、経費で払うのかの違いであり、どちらがより多くの現金を残せるのか計算すればよいだけの話です。どちらかが必ず得だとか損だとかいう話ではありません。

 

利用法3 金融機関からの借入によるデメリット

calculator53621

銀行などの金融機関からの借入をしてしまうと、納税は必須になります。節税してはいけません。借入をすれば毎月の元本返済が発生します。この元本返済は納税後の利益から支払うことになります。

借入があるのに安易に節税などしていては、予期せぬ赤字決算になることもありますので、十分な注意が必要です。キャッシュ不足による短期借り入れを予防するにはファクタリングの利用が効果的です。

 

利用法4 貯金する

business-money-pink-coins

ファクタリングを利用してキャッシュを潤沢にすることで、より多くの利益を出し無駄な借入を抑えることが出来ます。手数料を経費計上して、課税対象を減らすことも出来ます。その上で保険などを用いて流動性の高いものに変換して節税をすることで、簿外を含めて資産構築が出来ます。

 

企業は何のために内部留保を蓄えるのか

ants-1169349_640

前述のように保険などを使った節税は実際には利益の翌期以降への繰り延べになります。これを実際は受け取るときに税金を支払うわけだから、意味があるのかという人がいます。

 

企業が内部留保する理由は何でしょうか?

 

今期に必要な設備投資は終わってますし、今期に必要な修繕等も終わっているとしても、将来発生する設備投資や修繕等を行う年に利益を出せなかったらどうしましょう。天災や急激な事業環境変化で利益が出せなかったらどうしましょう。

 

その時、家族や従業員の生活を守れるでしょうか。事業継続ができるのでしょうか。そう考えれば必要な内部留保の確保までは無駄遣いは出来ないはずです。生活を豊かにするのはそのあとでもよいかもしれません。

 

まとめ

railway-1245906_640

ファクタリングで売掛金を買取してもらうということは、手数料という損失を計上して、キャッシュを手にすることになり、合法且つ効果的な節税方法といえます。利益の最大化と上手なタックスコントロールで万が一の時のための内部留保を蓄え、個人と社会の生活を豊かにする企業経営を目指していきましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.