ファクタリングと総合商社(商社)の機能で似ている5つのポイント

日本の総合商社は世界的に見てもとても優秀です。これまで日本の国際ビジネスを支えてきた歴史があります。そしてこれからも、国際ビジネスにおいて総合商社の果たすべき役割は大きいと思われます。

この総合商社の役割の代わりにヨーロッパ、アメリカをはじめ世界の国々ではファクタリングが発展してきたといえます。ファクタリングと商社の機能を比較することで、ファクタリングを違った角度から見ることが出来ます。

総合商社(商社)の役割

aircraft-505126_640

商社の主な機能は流通・金融・情報の3つです。

 

流通に関しては、貿易、販売、物流・保険、マーケティング・商品企画と幅広く活躍しており、商社の名の通り代理店や自らの企画商品などを手掛けている。

 

金融に関しては、貿易金融にて荷為替手形や信用状を利用して銀行を介して決済を行ったり、海外取引のデリバティブにて為替予約や先物取引などを行ったり、商社金融と称して売掛金の前渡金融や子会社への投資、投資先への融資や保証を行っています。

 

情報に関しては民間でありながら海外支店網を通じて外交官さながらの情報収集を行い、かつてはテレックスなどを通じて取引先企業に伝達されていたが、現在はインターネットの発達により、情報そのものよりも海外有力政治家や実業家とのコネクションにより、その情報通信技術の2国間整備などで英ky効力を発揮しています。

 

ポイント1 不動産担保に頼らない資金調達

pexels-photo-3

金融機能について商社もファクタリング会社もそのビジネスそのものを評価基準としていて、不動産などの担保を必要としない点において似ているといえます。

 

ポイント2 販売権担保による前払い

coins-currency-investment-insurance-128867

商社であれば販売代理店権、ファクタリング業者であれば代金を受け取る権利の売掛債権を引き受ける代わりに、貸金とは違う形(買取)で前払いにて代金相当の金額を融通している点において似ています。

 

ポイント3 少額での資金調達が可能

money-1258600_640

少額というと誤解を招くかもしれないが、商社であれば取引毎、ファクタリング会社も月次毎に資金の融通を実施するという点において、似ています。

 

ポイント4 回収リスクを負担してくれる

slip-up-danger-careless-slippery

商社でも買取による前渡金融やファクタリング会社により売掛債権買取は売掛先への回収のリスクも含めて買い取るので、利用者に回収のリスクを回避出来るという利点がある。この点も似ている。

 

ポイント5 安心して本業に専念できる

pexels-photo-1

戦後の高度経済成長期を支えてきたものづくりの企業は販売・回収・資金繰りが苦手なケースが多く、その点を補完できる商社の機能は本業に専念でき、より良い製品さえ作れば商社が売ってくれるという構図を作り出していました。

ファクタリング会社においても、資金を貯めることに重点を置いたキャッシュフロー経営が行われるという点において、顧客は安心して本業に打ち込むことができるでしょう。

 

ファクタリングと総合商社(商社)の違い

apple-1594742_640

ファクタリング会社と商社の違いは販売と情報に関しては、ファクタリング会社にはその機能がないこと。そして金融においては販売代理店権などの流通における制約はファクタリング会社にはないところです。

 

まとめ

clock-1461689_640

ここでは総合商社という言い方をしていますが、商社つまり総合商社と専門商社で前述の機能を持っているところとファクタリングを比較してきました。営業力はあるので金融の機能だけ欲しいという場合はファクタリングが向いています。商社という機能はものづくりの国である日本を象徴しているようで興味深いですね。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.